FC2ブログ

仕事をする能力→動力がどれくらい継続できるか?=エネルギー

のほうが解りやすいし、私はこっちのが好き。
仕事だったら外界からの力も考慮しないといけない
動力(仕事率)なら時間の蓄積がエネルギーになる。

全エネルギーを時間を微分すると0というが
仕事率にかかってくる

0ってことは仕事率が変わらないことを意味している。
ΔE/Δt>0ならば、外部から力が加わった。
ΔE/Δt<0ならば、どこかで損失がある。

実際、ポアソン括弧式において

{H,δQ}=エネルギー誤差

Hはハミルトニアンで理想のエネルギーね。
Qがちょうど現実のエネルギーEを
δQ=dE/dt ・δt

として計算に取り入れれば、全てのエネルギーが
0になったかならないかが解る。

上の式だとどれくらいの変量かってのもわかるんだよね。


Qは実際のデータを移動距離と速度で集計して
ある軸上の点の間が差分(δQ)になる。

量子論ではQが理想に近いと、ih(複素数xプランク定数)だけど
古典論では0になる

しかしこれはあくまで力学の世界!

電磁気学は話が変わるでしょ
そんな時のδQなんだ

そうすると、変数がI(電流)、V(電圧)になってしまう
正準変換をしっかりやっておかないとね

I=ρN・dq/dt
V=-ρN・dp/dt

で定義しても問題はないと思う。
スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ぶろぐかんりしゃ

SmartWoods
最近MoEは・・・
一休み

***** ひとこと *****

MoEの後継ともいわれる
Resonance gamez
完全スキルMMOが
気になるところ



********************


↓2016/3/26更新
My MoE









**********

NEWとらっくばっく
あーかいぶ
かてごりー
リンク
ぶろぐないけんさく
RSSふぃーど
おともだちになろ

この人とブロともになる