FC2ブログ

電車の狭間で・・。

車両のつなぎ目のところで、駅から発進、到着時のとき
分子自体にも慣性力ははたらくんだね^^
それは、風という形で現れてくるのです。
冷えた空気ほどよく伝わってきますw

流体

速度vは、電車の加速時、減速時を時間で積分したもので同じ大きさとします。
(思いっきり間違えてた^^;)

v = ∫αdt

そして、
エネルギーと確率分布を考えると
ryuutai.jpg

こんな感じかな?

Aは、電車の断面積。kはボルツマン定数
Tは絶対温度「Kケルビン」、Eは全体エネルギー、
Qは流量、Ωは状態数

Ωの状態のうち一つの状態が存在する確率をpとします。
正準座標におきかえてるのでi番目のを調べてます^^

最初のv1とv2は加速時と減速時を現したものですが
ベンチュリ効果によって加速された速度です。
さらに、ベルヌーイの定理によって流量は同じになります^^

でも、こんなこと考えたって現実操作できるもんじゃないからな~。

やはり、なんでも試行錯誤して練って練ってねるねるしたほうが、
実用的ですね!


・・・理論違うな
流量がまるで分子一個になっている・・。
却下でおk^^;
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ぶろぐかんりしゃ

SmartWoods
最近MoEは・・・
一休み

***** ひとこと *****

MoEの後継ともいわれる
Resonance gamez
完全スキルMMOが
気になるところ



********************


↓2016/3/26更新
My MoE









**********

NEWとらっくばっく
あーかいぶ
かてごりー
リンク
ぶろぐないけんさく
RSSふぃーど
おともだちになろ

この人とブロともになる