FC2ブログ

母平均は積分。標本平均は和算。のイメージ

いつもながらみんなが計算してるのは、標本平均だね。
あの、足してその数だけ割るという求め方だ。
統計学だとXの上に➖が乗る。

母平均とは、全体の数を数えて平均をとるのだ。
統計学では、μと書く。

平均を取る時、物の個数、人数など指差しで数えられ
10~100とか全体の数がそれほど大きくなければ、
そのまま母平均となるのだが、

データ集計取るために、母数というか全体の数だけど、
10000~1000000になるとすべて数えるなんてやってられない・・・・。

なので、1%、5%で抜き取って数えて平均をとるのだ。
母平均は全体の数からの平均なので、抜き取ってしまったら標本平均と呼ばなければいけない。

母数が大きいとグラフに表した時、限りなく連続した関数に近く見える。
その関数の平均だから、積分から母数を割った感じに見える。

現実は関数化ができない為、連続したように見える
graph.png

連続したとこから抜き取って標準偏差を求めるなら、
標本平均で求めると、

√s/n (s:分散、n:母数)

の誤差が出てくる。
誤差分散やね。

大量のデータから抜き取って平均をとって、
いつもの標準偏差を求めるのは誤差が出てくるので
使い方を誤っているのではないか!?

正しい偏差を求めるなら、不偏偏差というのを使おう。
標準偏差に誤差分散を取り入れたせいで、母数-1で割る奇妙な偏差だ。
スポンサーサイト



こっ・・・これは!?

偶然じゃないの?とりあえず、線内0Ω、線間0ジーメンスで計算し、
LC回路をラプラス変換へ・・・。

まず、電圧変換の回路は一般的に
zu1.jpg

これで考えてるのよ!
このような基本回路に置き換えて、電圧ゲインをしらべるのだ。
これをね、制御図に置き換えるとこうなることがわかってる↓
zu2.jpg

実はこれ、PID制御を電子回路に適用できないかな~ってことで
作ったんだけどね!
電子回路上で直列に部品をつなぐと、制御図ではその部品がZ1(s)と並列に繋ぐ形式となる。

まさに、簡単に操作量を加えて計算ができるのだ(`・ω・´)

フィードバッグにて、帰還量は、出力電圧に対する入力電流の調整でもある
ゲインは、入力電流に対する、出力電圧ともいえる

※定義
Z1(s)=sL・δx      L[H/m]
Z2(s)=1/(sC・δx)   C[F/m]
とする。


インダクタの長さとキャパシタ表面積の大きさは、δxに比例する

そして・・
zu3.jpg
が導かれるのだ。

式を置き換えると・・・
zu4.jpg
となるので、

入力電圧Viと出力電圧Voは、δx間で若干の差異があるのみとします。
zu5.jpg
たかが微小区間δxなので、Vi≒Voと考えています。


おきかえると
zu6.jpg
となるので、
※ここはまだ、すべて変数sのままよ

右辺がδに対して、左辺がδ^2とおかしい!右辺もδ^2となるべきなので
zu7.jpg

Voに含まれる変数xのみを微分という形になります。

ここで、Voをインパルス応答ってことで式全体に逆ラプラス変換をガチャ!っと
zu8.jpg
zu9.jpg
というふうになりました!

Voに条件が付いてきてしまいましたが、(Vo'はVoをtで偏微分したものです)
その条件をクリアすれば理想的な動きをするってことですね^^;

おっと、この式は電信方程式じゃないか!

他の応答で、いろいろ式が変化しますね

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

針金って結構使えるかもしれない

軟鉄で工作しやすいですね

トロイダルコイルを作ろうと思う
電流10A、高インダクタンスで
トランスの機能を持つものはとても高価。

鉄心に螺旋状にエナメル線を巻いたとき

螺旋に巻いて、エナメル線の間隔を b
円形鉄心の半径を a
とすると

sushiki7.png
sushiki9.png

ビオサバールの法則
http://upload.wikimedia.org/math/7/2/c/72c1a8690808dbed118b52c3592f2c04.png

を使って求めるけど

sushiki8.png
として
hを0にもっていくと

shiki6_20110925222656.png


こうなる。Lはインダクタンス。

μは透磁率で真空と比透磁率の積。




ちなみに、bを0に近づける(隙間なく巻く)と
通常のトロイダルインダクタンスと同じになる。


それは、ロピタルの定理で証明できる。


積分がややこしくなるので途中で計算やめたけどね
一回のみの積分なら、それはグラフにして面積の大きさを見ればいいだけさ。


これくらいだったら鉄心に純鉄やパーマロイには及ばないけど高いから
お手軽な針金もいいんじゃない?

渦電流も作りにくく、鉄損も少ないと思う。



やはり、綿密に巻いたコイルと隙間を作ったコイルとでは
訳が違う

これは、磁束の一部が隙間から逃げるからだとおもわれる
bが小さいほどインダクタは大きくなる。
さらに、鉄心が太いほど大きくなる。

しかし、巻数によらないってどういうことだ?
落とし穴があった

Nφ=LI

で、

L=Nφ/I

で計算しなあかんかった。
つまり、巻数Nを掛けないといけない。

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

Javaとマイコンのバイナリ通信

例のアレが出来たのでもう少しオプションつけよう
の記事からさらにいろんな機能をつけた。

Javaの受信側がうまくいかないから結構大変だったぞ。

写真を載せるのめんどくさいので、主要な機能を掲載する。



1.プッシュボタンでマイコン動作の切り替え

/* スイッチ回路 */
unsigned char getSwtCnt(){
int chatt;
unsigned char change;
change=0;

/*スイッチによるカウント*/
if(IO.PDRB.BIT.B1==0){
for(chatt=0;;){
if(IO.PDRB.BIT.B1==1){
change=1;
for(chatt=0;chatt<1000;chatt++);
break;
}
if(chatt<10000)
chatt++;
}
}

if(change==1)
swt_cnt++;
return swt_cnt;
}


プッシュボタンは、チャタリングが発生するので
押したときループして、ある値でそのままになり
話したら、ループをして押した信号を立てる。

ボタンを離しただけでもチャタリングが発生することは
力学的にも知ってたのでね。

FPGAの場合は、シフトレジスタを使えば良いけど。

swt_cntは押す度に加算されるようにしてある。



2.割り込み

今回使ったのは、内部割込み。
HEWなら割り込みの記述は難しくない。

intprg.cに割り込みを記述するのだ。
私は、RS232Cの受信時だけに使った。


__interrupt(vect=23) void INT_SCI3(void) {
inPacket();
}


unsigned char scanSCI(unsigned char *str){
if(SCI3.SSR.BIT.OER){
SCI3.SSR.BIT.RDRF=0;
SCI3.SSR.BIT.FER=0;
SCI3.SSR.BIT.PER=0;
SCI3.SSR.BIT.OER=0;
pk_cnt=0;
frm_cnt=0;
return 0x0;
}
if(SCI3.SSR.BIT.RDRF){
*str=SCI3.RDR;
return 0xff;
}else
return 0x0;
}

unsigned char printSCI(unsigned char st){
while(!SCI3.SSR.BIT.TDRE) continue;
SCI3.TDR=st;
SCI3.SSR.BIT.TDRE=0;
return 0xff;
}

void inPacket(){
unsigned char flg=0;
flg=scanSCI(&data[pk_cnt]);
if(flg==0xff){
if(pk_cnt==31){
pk_cnt=0;
set[frm_cnt]=data[1];
if(frm_cnt==31)
frm_cnt=0;
else
frm_cnt++;
data[0]=ACK;
printSCI(data[0]);
}else
pk_cnt++;
}
}

void outPacket(unsigned char *st){
int i;
unsigned char flg;
for(i=0;i<32;i++){
flg=printSCI(*st);
if(flg!=0xff)
return ;
st++;
}
}



ACKの送信時は1パケットだけ送るようにしたけどね
内容は、プロトコルに反映させてあるので
どうでもいいさ
重要なのは1パケット受信、送信の関数。



3.Java送信受信

これの受信が一番苦労した
まじで意味がわからん動作だが、
キャラクタならともかくバイナリ通信は使い方で前例が無いからな。

とりあえず
BufferedOutputStream
BufferedInputStream
を使ったのだ。

とりあえず、RS232IFのクラスを継承して
送信や受信はそのまま使えるぜ
ただ、受信はオーバーライドで記述がいる



/* RS232Cの通信を行うクラス swing実装用 */
class RS232CIF implements CommPortOwnershipListener, SerialPortEventListener {
protected SerialPort port;
protected CommPortIdentifier portID;
protected BufferedOutputStream writer;
protected BufferedInputStream reader;
protected byte [] receive;
protected JFrame jf;

public RS232CIF(JFrame frame,String portName,int rate,int packet_size){
portID = null;
jf=frame;
receive = new byte[packet_size+4];
try{
// CommPortIdentifier を取得
portID = CommPortIdentifier.getPortIdentifier(portName);
portID.addPortOwnershipListener(this);
}catch(NoSuchPortException ex){
ex.printStackTrace();
System.out.println(ex.getMessage());
new MyDialog(jf, true, "接続先が見つかりません。");
}

try{
// ポートのオープン 1分間でタイムアウト
port = (SerialPort)portID.open("RS232CIF", 60000);
}catch(PortInUseException ex){
// タイムアウトを過ぎた場合
ex.printStackTrace();
System.out.println(ex.getMessage());
new MyDialog(jf, true, "接続がタイムアウトしました。");
}

try {
// 通信条件の設定
port.setSerialPortParams(rate, // 通信速度 9600 baud
SerialPort.DATABITS_8, // データビット 8bit
SerialPort.STOPBITS_1, // ストップビット 1bit
SerialPort.PARITY_NONE); // パリティ なし
// フローコントロールの設定
// ここではフローなし
port.setFlowControlMode(SerialPort.FLOWCONTROL_NONE);
} catch (UnsupportedCommOperationException ex){
ex.printStackTrace();
System.out.println(ex.getMessage());
new MyDialog(jf, false, "この接続はサポートされていません。");
}

try {
// 出力用の Writer を生成
writer = new BufferedOutputStream(port.getOutputStream());
} catch (IOException ex){
ex.printStackTrace();
System.out.println(ex.getMessage());
new MyDialog(jf, false, "Writerを生成できませんでした。");
}

try {
// SerialPortEvent を受け取るためのリスナの登録
port.addEventListener(this);
} catch(TooManyListenersException ex){
ex.printStackTrace();
System.out.println(ex.getMessage());
new MyDialog(jf, false, "EventListener登録失敗");
}

// Data Available イベントを受け取るようにする
port.notifyOnDataAvailable(true);

try {
// 入力用の Reader を生成
reader = new BufferedInputStream(port.getInputStream());
} catch (IOException ex){
ex.printStackTrace();
System.out.println(ex.getMessage());
new MyDialog(jf, false, "Readerを生成できませんでした。");
}
new MyDialog(jf,true,"ポートを開きました。");
}

public void close(){
port.close();
new MyDialog(jf,false,"ポートを閉じました。");
}

public void submit(byte[] data) throws IOException, InterruptedException {
for(int i=0;i writer.write((int)data[i]);
writer.flush();
}
}

public void ownershipChange(int type) {
switch(type){
case PORT_OWNED :
break;
case PORT_UNOWNED :
break;
case PORT_OWNERSHIP_REQUESTED :
break;
default :
new MyDialog(jf, false, "ポート開閉エラー");
break;
}
}

/* このクラス内での受信処理は記述しない */
public void serialEvent(SerialPortEvent arg0) {}
}

/* フレームを作成し送受信 */
class Luggage extends RS232CIF {
public byte version;
public String lcdData;
public short led1Ctl;
public short led2Ctl;
public short led1Lim;
public short led2Lim;
public byte swtData;
public byte clkSelect;
public byte tcoraData;
public byte tcorbData;
public short timWHData;
public short timWLData;
public boolean adChange;
public boolean flg_end;
public boolean flg_miss;
public final static byte NAF = 0x0;
public final static byte ACK = (byte) 0x10;
public final static byte DTP = (byte) 0x80;
public final static byte RTX = 0x20;
public final static byte None= 0x0;
private byte[] packData;
private JFrame jf;
private int dcnt;
private int rcnt;
private boolean flg_ack;

public Luggage(JFrame frame,String portName, int rate,int packet_size,byte packetVer) {
super(frame,portName, rate,packet_size);
jf=frame;
version=packetVer;
dcnt=0;
rcnt=0;
flg_end=false;
flg_ack=false;
flg_miss=false;
packData = new byte[32];
}

public void submitPacket(byte id){
dcnt=0;
rcnt=0;
packData[0]=id;
flg_end=false;
flg_miss=false;
flg_ack=true;
if(id==DTP){
try {
framing();
} catch (InterruptedException e) {}
}
}

public void framing() throws InterruptedException {
long start,end;
start=System.currentTimeMillis();
while(!flg_end){
Thread.sleep(10);
end=System.currentTimeMillis();
if(flg_ack){
start=System.currentTimeMillis();
if(dcnt packData[1]=(byte) lcdData.charAt(dcnt);
else
packData[1]=None;
packData[2]=None;
packData[3]=None;
packData[4]=None;
packData[5]=clkSelect;
packData[6]=None;
packData[7]=short_byte(timWHData)[0];
packData[8]=short_byte(timWHData)[1];
packData[9]=short_byte(timWLData)[0];
packData[10]=short_byte(timWLData)[1];
packData[11]=None;
packData[12]=None;
if(adChange)
packData[13]=(byte)0x80;
else
packData[13]=None;
packData[14]=None;
packData[15]=tcoraData;
packData[16]=tcorbData;
packData[17]=None;
packData[18]=None;
packData[19]=None;
packData[20]=swtData;
packData[21]=None;
packData[22]=short_byte(led1Ctl)[0];
packData[23]=short_byte(led1Ctl)[1];
packData[24]=short_byte(led2Ctl)[0];
packData[25]=short_byte(led2Ctl)[1];
packData[26]=short_byte(led1Lim)[0];
packData[27]=short_byte(led1Lim)[1];
packData[28]=short_byte(led2Lim)[0];
packData[29]=short_byte(led2Lim)[1];
packData[30]=None;
packData[31]=None;
System.out.println(dcnt+"を送信");
try {
submit(packData);
} catch (IOException e) {
/* 送信失敗時 */
Toolkit.getDefaultToolkit().beep();
new MyDialog(jf,false,"送信失敗");
flg_end=true;
dcnt=0;
return ;
}
flg_ack=false;
}
if((end-start)>=5000)
flg_miss=true;
if(flg_miss){
/* 送信中タイムアウト時 */
Toolkit.getDefaultToolkit().beep();
new MyDialog(jf,false,"タイムアウトしました");
flg_end=true;
dcnt=0;
}
}
if(!flg_miss){
Toolkit.getDefaultToolkit().beep();
new MyDialog(jf,true,"送信完了しました");
dcnt=0;
}
}

public byte[] short_byte(short dat){
byte [] bd = new byte[2];
bd[0]=(byte)((dat&0xff00)>>8);
bd[1]=(byte)(dat&0x00ff);
return bd;
}

public void serialEvent(SerialPortEvent event) {
switch(event.getEventType()) {
case SerialPortEvent.BI:
case SerialPortEvent.OE:
case SerialPortEvent.FE:
case SerialPortEvent.PE:
case SerialPortEvent.CD:
case SerialPortEvent.CTS:
case SerialPortEvent.DSR:
case SerialPortEvent.RI:
case SerialPortEvent.OUTPUT_BUFFER_EMPTY:
// Data Available 以外のイベントは処理しない
break;
case SerialPortEvent.DATA_AVAILABLE:
// Data Available の処理
try {
if(reader.read()==ACK){
while(reader.read()==-1);
dcnt++;
if(dcnt==31)
flg_end=true;
flg_ack=true;
Thread.currentThread().interrupt();
}
System.out.println("受信:"+reader.read()+","+dcnt);
}catch (IOException e){ }
break;
}
}
}




テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

今度は熱、材料も入れて、磨きがかかった

最近は、電子工作の気分転換にすべての古典力学を統合させています。
統計力学や量子力学は分布式いれればなんとかなるな。

一応、エネルギーは全微分で定義して
その他、偏微分で計算がいる。

そこから、ベクトルによって解析が可能。

とりあえず、以前からあったのもまとめて5つまとめた
1.拡散方程式
2.連続方程式
3.伸縮方程式
4.伝導方程式
5.周回方程式


1.拡散方程式(運動量保存則)
vは速度、ρは密度、Pは圧力です。
これは元からあった式

sushiki1.png


2.連続方程式(質量保存則)
これも前からあった。tは時間

sushiki3_20110830000329.png


3.伸縮方程式(波動の式)
sは伸ばす縮む方向。Ψはヤング率。

sushiki2_20110830000329.png

運動方程式に応力テンソルを振っただけでできる。
微小体積をひっぱったらひずむという微分方程式を解いたんだけどね。


4.伝導方程式(エネルギーの伝達)
Qは熱量。
χは熱伝導率から密度と比熱を割ったもの。
Φはχに熱膨張率をかけて、比熱で割ったもの。

sushiki4.png
前にあったやつに手を加えた。



5.周回方程式(渦、螺旋、角運動量保存則)
Λは単位面積あたりの角運動量。
rは回転軸からの距離。
sは流れる回転する方向。

sushiki5.png
↑2項目のr・sはrxsで外積で絶対値です。間違えました^^;

この式は、物理学の本には存在してない。
自力で証明してつくった

※とりあえずすべて偏微分で
※外力は外した。

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

素数の数列と言うより関数をぼくの理論で解いた・・テイラー展開するとゼータ関数になるけどな

ひらめいて、さっそく頭の中の理論を解いてみたんだ。

まず、私は数列なんか解析しにくいものに目を向けること自体
どうかしてると思って
次のようなことを編み出した。

shiki1.png


関数にしたほうが解析しやすいのだよ!
ということで離散値から連続な関数に変換します。


ここで、δはクロネッカーのデルタです。デルタ関数でもあります。

ここで気になるのは、δが周期的に存在することだ。
クロネッカーのデルタは、()のときに1でないといけないので
デルタ関数は、規格化をとりまふ。

周期的なデルタ関数はを定義しまして、条件は次のとおり。
shiki3.png

まてよ?周期的な関数と言えばフーリエ逆変換すれば求まるのではないか?

ということなので、逆変換もっていき、数列 a_n を求めると・・・

shiki4.png

となります。
いきなり、複素空間に入っちゃいましたけど・・・計量空間内だから問題ないだろ。

これを使って、九九の表には素数が載っていないことに注意を払って



shiki5.png

という式ができました。

※追記 :log()内のsinからsin(πx)で割ってください。
書くの忘れていた


f(x) = 0 になるとき、xが整数ならばそのxは素数ではない。
また、0でないときxが整数ならば、そのxは素数である。


後にテイラー展開してみたけど、ゼータ関数の様式になりました。
とても複雑なので書くのめんどくさいので載せないけどね^^;

Σの最大が9のとき、グラフにしてみましたら
見事に素数だけ0になっていません。

zu1.png
zu2.png

ちなみに、Σの最大値が大きいとsin値が小さくなるので
素数かどうか見分けつきにくくなるので注意

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

不連続点を持つ関数を連続な関数に「限りなく同じに」変換する関数を作りました

xのある区間までこの関数を使い、区間外はこんな関数を使うということは
不等式の関数でよくありますよね?

だけどこれは、区間の上限と下限にて、不連続なのです。
右極限と左極限とで値が違うから、連続とはいえないのです。


実は、完璧に関数をくっつけて、連続にしちゃう関数をみいつけた!

私は、論理学的、確率論的、解析学的な立場から思いついたこと
簡単に載せて見る。


例えば、
xが0~3の間は xの2乗
xが3~12の間は -x+12
の関数を使うこととする。


グラフは↓
デジタル関数

緑は y =x^2
赤は y = -x+12


今回、説明しようとしている関数使えば
デジタル関数2
こうなるのだ。

「これ、画像編集だろ?」
「どうせ、不等式で部分的に表示させただけだろ?」

と思っているようですが、一つの関数でできていますwwww

うそだと思ってやれば良いと思うよ


x^2のなる確率がx軸上で濃く分布します。
それが0~3の間です。

そう、0~3の間で確率の積分を取ると1なのだ

ーx+12も3~12の間で同じことが起こる。


つまり、その確率をかけて、関数の期待値をもとめればいいわけ

デジタル関数4

そういうわけだ!

Ptは確率関数であるのだ!
括弧の中は、その確率が適用される条件式だ!


だが、その条件式で100%が続く確率は見つかりにくい

私が、この前といたフィードバック理論を鑑みた所
漸化式による高次微分方程式だった件

正体は、シグモイド関数なのだ

それを巧みに使って、分布式として利用する。

デジタル関数3

じつはこれ、デジタル回路とかブール代数やっている人ならわかると思うけど、

シグモイドStで、括弧の値から0→1に変化するのだ
つまり、
1-Stは1→0に変化するのだ!
1とか0なんてまさにデジタル!
そして、Ptはaからbの大きさの矩形になるのだwww


Ptを上の式に使うことによってさっきのグラフができあがる
そんな難しいことではない

ちなみにtは再現値であり、
大きいほど、実際の断続的な関数に近くなるのだ

テーマ : 勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

揚力ってのは揚げたてのコロッケの旨さの指数?

揚力であのチンサムロード・・・ゴホンゴホン!

私は最近マグヌス効果を睨んでいるんだ
あれって揚力とにてるよね

磁場とか電場の力線に置き換えてみたらどうだろうか
を現実において狙っている。

とりあえず、揚力ってなんだろうと思って簡単に計算して
みたんだが・・・

まず、ベルヌーイが経路に寄らず
一定になろうとする働きがあるというわけで

vellnue.jpg

と定義する。

微小体積で考えると
vellnue2.jpg

こうだ!
一応これは、内部エネルギーだな!

H=U+pv的な式をつかった
あ、これはエンタルピーか^^

開放空間の状態で考える内部エネルギーを考えただけ。
外部に向かってしか仕事が働かないので負にした。

zenbibun.jpg

この要領で、全微分を解く。
解法は、最小作用の原理に基づく


問題を解くため、オイラーの保存式を適用する。
euler-seq.jpg

ここで、飛行機の羽とすれること(ただし粘性抵抗は考えていない)
と理想空気で考えている。

一次元での圧縮流体を考えると

euler-seq2.jpg

と解いた!
あってるかどうかはしらん!^^

ここで、羽を通る空気は密度の変化が無いとする。
全微分に適用し、
経路によらず、目的の位置で全エネルギーは変わらなかったとしたら

youryoku.jpg

こんな感じの結果になりました。

空気がもつ位置エネルギーってどうでもいいくらいなので
揚力はほぼ運動エネルギーとおなじと考えても良い。
次元は合ってるから問題ない。

・・・・はずだがな

真ん中の式は、翼を通る前から通ったあとまでの
変分。
負になっているのは、速度が速いほど圧力が弱いのである。
ここでマグヌス効果とつながった。

v=翼と空気の流れの相対速度
p=翼にかかる圧力
ρ=空気の密度
h=高度
g=重力加速度


まじでくだんねぇーこと考えてしまったorz
資格ほったらかしはヨクナイデス(´・ω・`)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

饒舌乱舞

さてと、ふと思ったんだけど
ベクトルの外積って「右ねじの法則」なんじゃねーの?
というわけで、簡単に証明してみた!


また、私の戯言です。お許しください!


まずは平面計量ベクトル空間と複素空間を結びつけて
島を一周するプランを立てて、
計算したよ
en-shu.png

みごとに一週回ってきたことが証明されました^^v

最後はjじゃなくてーjでした^^;
shit!

複素数はiだとかいう人は固定概念の塊ですので注意
(電気やってきたから電流と混同しちゃうからな
あと、添字に使っちゃ足しww)


これで、ベクトルと複素数の互換がとれました

ね?簡単でしょ^^


ベクトル一周は0だし、複素数もベクトルなら0になるからね


ここで出てくるδsは
島を歩いて一周するとき、歩幅の長さをイメージすればいいよ

θは歩き始めた位置から島のどこの経緯に移ったかをあらわしているんだよ



さて、δsは島の中心からの距離による微分だと
解析学上わかるので

en-shu2.png

結構省略しているけどね^^;



あとは、計量空間だから結合も分配も従う。
それによって、島の中心から端までの距離と動いた位置までの
距離は微分で分配が成立

そして、一次結合ってやつからベクトルって一次従属あるよねー
まぁ、それも含めてこの結果だ

別の方向になることはわかったが
なんか、右ねじかどうかはわからんな・・・
そもそも一般化座標系にしたのが間違い
3(i→N)次元からどうやって判断せよと?

しかし、外積の理論によりそういう方向になる


複素数つかったのは、なんでも関数化したがる私の性ですが何か?


入力→BlackBox→出力
x → f → y
だいたい私の考え方ですねww


そして青の精神のベクトルがおかしくなった・・・。




訂正!
上の式にΣいらんわw


とりあえず、簡単に円で考えると
δs=r(θ+δθ)-r(θ)
f(θ)=r_c : r_c = <|r|>
で適用すれば

(r_i' - r_i) X (r_k' - r_k)
=(1+0)sin(θk-θj)・δs_l :l≠j,k

分配で左式を
右式は、sin値だけ、θk(進んでいる方位)があるほど
外積としての正の方向が保たれていて
結論に至った。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

そろそろテレビ買い換えるかな

やっぱ、Amazonっしょ!楽天とか他でもいいけどね。
オークションには手を出さないようにしている。
新品が好きなので。安価になるまで待つのさ。

今、あるのが20インチだから
次は32インチがほしいぜ!

3Dはいらんから、クアトロンがいいな。
あとDsubかHDMIついてりゃPCのディスプレイとして使える!


知ってるかい?

色の再現は3原色といわれるが、
それは、人間が勝手に決めた最小の色数。
ちなみに使う色の数が多いほど再現色が優れている。


後、人の目は色よりも輝度を認識しやすいのだ。

可視光波長の帯域で強度が弱くなる黄色の部分埋めたのはいいんじゃなイカ?

ということで、クアトロンはある意味画期的。


3Dは単なるブームに乗っただけ。
革新的でもなんでもない。
すでに3Dシアターが存在しているから。

触れる、匂いがあるなら話は別だ。

裸眼であっても、表面の樹脂で中途屈折させているだけで、
おかしな値段で売りつけるのはよろしくない。




さてと・・・・、

永久機関は存在しない・・・・が!
それは、熱とか拡散するものによって消費されてしまうから。

だったら損失を無くす方向でなくて、それより大きい値を与える
ということをすればいいということだ。


実際、永久は無い。
水車ならキャビテーションで破損したり
雨水で酸化還元反応が起こったり。
常時負荷でエレクトロマイグレーションで腐食したり
フローティングゲートの絶縁層がぼろぼろになってUSBメモリ使えなくなったり。
寿命がきたり・・・

いずれ壊れる。

だが、フィードバックかけて供給していけば
半永久的に動作はできるだろうと思われる
効率100%を超えるフローを考えたぜ!


まずはこっち!
孤立系から別の孤立系を受け取る方法だ。

・外部取得法
etc1.png
地デジがOFDMで搬送波多重分割してるから
そこから給電するという目論見。



孤立系内部で考える場合は、これがいいだろう。

・起因分割拡大法
etc2.png


理論はこっち。
eikyu.png

いずれも、効率100%超える方法。


この考え方を元に、画期的な電源を作ろうかな。


まぁ、一般から見て「何考えているんだ?」ってな理論を組まないと
壁の打破は、一生できないからね^^;


テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ぶろぐかんりしゃ

SmartWoods
最近MoEは・・・
一休み

***** ひとこと *****

MoEの後継ともいわれる
Resonance gamez
完全スキルMMOが
気になるところ



********************


↓2016/3/26更新
My MoE









**********

NEWとらっくばっく
あーかいぶ
かてごりー
リンク
ぶろぐないけんさく
RSSふぃーど
おともだちになろ

この人とブロともになる